1. TOP
  2. 宮古市
  3. <中止>PHOTO/DANCE〜みちのく潮風トレイル、歩く旅から〜

<中止>PHOTO/DANCE〜みちのく潮風トレイル、歩く旅から〜

  2021/9/19 宮古市   188 Views

新型コロナウイルスの影響を鑑み、急遽映像配信とすることといたしました。配信の日程は改めてお知らせいたします。

2021年、みちのく潮風トレイルを旅する写真家・石川直樹。その旅路の一端に加わるダンサー・森下真樹。
二人が歩き、目にし、感じた三陸の自然を、写真と身体でお届ける特別パフォーマンスです。
震災から10年の三陸を旅する、写真家とダンサー、それぞれの視点から描かれる三陸の姿を、度重なる災害を乗り越えてきた旧東屋酒造店(国有形登録文化財)の蔵にて、ぜひご覧ください。

<出演>
石川直樹 / 写真家
1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。 辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。2010年『CORONA』(青土社)により土門拳賞、2020年『まれびと』(小学館)、『EVEREST』(CCCメディアハウス)により日本写真協会賞作家賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)、『地上に星座をつくる』(新潮社)ほか多数。

森下真樹 / ダンサー・振付
幼少期に転勤族に育ち転校先の友達作りで開発した遊びがルーツ。これまでに10カ国30都市以上でソロ作品を上演。様々な分野のアーティストとコラボ活動の場を広げる。2013年現代美術家束芋との作品『錆からでた実』を発表し第8回日本ダンスフォーラム賞を受賞。2017年より自身のソロ「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る」(振付:MIKIKO、森山未來、石川直樹、笠井叡)を展開。100人100様をモットーにワークショップや作品づくりを行う。若手ダンサーを中心としたカンパニー森下スタンドを主宰。周囲を一気に巻き込み独特な「間」からくる予測不能、奇想天外ワールドが特徴。

開催期間 2021/9/19
開催時間 14:00開演*30分前開場
開催場所 シネマ・デ・アエル
住所 宮古市本町2-2東屋さんの「蔵」
料金 1,500円 *先着順・要予約
▶︎窓口販売:宮古市民文化会館(9:00-17:00)
▶︎WEB予約
お問い合わせ 宮古市民文化会館 TEL:0193-63-2511
HP 公式HPほか、関連サイトはこちら

※イベント情報は変更になる場合があります。詳細は公式ホームページをご覧ください。

 


\ このイベントをSNSでシェアして、みんなで応援しよう!  

このイベントが気に入ったら
いいね!しよう

イベント・活動情報サイト「エンジョイいわて」のイベント情報をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

情報掲載者の紹介

宮古市民文化会館

宮古市民文化会館

宮古市民文化会館は1970年に開館した歴史ある施設です。40年以上宮古市の文化活動を見守り、支えてきました。その歴史の最先...

宮古市民文化会館からの更新通知を受け取る


 

関連イベント

  • <延期>大駱駝艦田村一行舞踏公演【宮古仄聞記】

  • ワンポイント手話教室

  • 親子の防災マルシェ2021(オンライン)

  • 10/6「農業を始めたい人の相談会@ジョブカフェいわて」特別開催!

  • ワンポイント手話教室

  • 第9回わたしの「おすすめ本」POPコンクール作品募集